割り切った関係ほど続きやすい!?

「お金で割り切って定期的に会う」のが愛人の定義だとしたら、私は2回ほど愛人の経験があります。その時の状況をちょっとお話ししますね。
1度目は飲み屋でバイトをしていた時に、常連さんに誘われました。このお相手とは、本当に結構割り切った関係だったといえます。当時20歳そこそこだった私に、40代のその社長さんははっきりと「毎月決まった金額を払う。恋愛感情は持ってくれなくてかまわない。お互い都合の良い関係を築いていこう」と提案してきました。お互いの仕事の事情やプライベートもありますから会う曜日や頻度ははっきり決めませんでしたが、「だいたい月5回ペースで○○万円」という条件の提示。会う回数が少ない月でも減額はしないけど、会う頻度が増えた場合はその都度臨時におこづかいをくれるという条件です。お金が欲しくて夜のバイトをしていた私です。見た目もお金払いも悪くないその方の誘いに乗ることにしました。
愛人としてその方と会うようになってからいろんなお話を聞きました。以前もこうやってクラブの女の子を愛人にしていたこと、その時は専用のマンションを借り生活一切の面倒を見ていたそうです。あと数年はこの状態が続くかなと思っていた時に、まさかの奥さんバレ。というか、会社名義とは言えマンション1部屋借りてたらさすがにばれちゃいますよね。おまけに愛人の女の子の方がすっかり本気になって、そのうち結婚を迫ってくるんじゃ…という雰囲気になってきたんだとか。その時は「事業が上手くいかなくなって余裕がなくなった」のを理由に何とか愛人関係を解消できたそうです。
こんな経験があるこの方。私は形だけ彼の会社の事務員ということにして、お手当は毎月振込でした。お互いに愛情はなかったのでしょうが、それなりに心地良い関係は結局私が引っ越しをするまで3年近く続きました。