借金をすることの怖さについて

テレビCMやインターネットの広告では、キャッシングやカードローンで簡単にお金が借りられるとうたったものが多いですが、気軽な気持ちで借金をすると、あとで大変返済に苦労することになります。
借金は必ず返さなければならないため、なぜお金を借りる必要があるのか、本当に借金をしなくてはならないのかについて、借りる前に今一度確認する必要があります。
なぜなら、借金は借りた金額に金利をのせて返さなければなりません。
金利をのせて返すと、当然借りた金額を大きく上回る金額を返済することになります。
キャッシングやカードローンをしている方は、生活費が足りない、ギャンブルに使いたい、といった理由のケースをよく見かけますが、例えば生活費を借金する必要があるということは、収入に対して生活費が上回っているということですので、支出を見直す必要があります。
又、貯蓄が無いというのも問題です。
貯蓄が無いから借金をするのですが、もともとお金が足りていないのに借金の返済に追われるわけですから、借りる前よりも生活が大変になってしまいます。
ギャンブルも同じです。賭け事に使うお金をキャッシングした場合、多くの場合でそのお金を失うことになります。なぜなら、どのような賭け事も負ける人が多いことで成り立っているからです。貯蓄から賭け事をするのなら問題はありませんが、賭け事をする蓄えも無いのですから、当然返済に行き詰まることになります。
返せるあての無い借金は、身をほろぼすことになりかねませんので、注意が必要です。